将来マレーシア転勤ありの日本企業の求人は「大手企業」

マレーシアで働きたいと思った場合、もっとも近道となる方法が現地への転勤がある日本企業に就職することです。現地企業で採用されるのはいろいろな意味で大変ですし、給料や待遇の差も気になります。では日本企業でマレーシア転勤がある職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず製造業。マレーシアに生産拠点を構えている日本企業も多く、工場管理や現場責任者などの形で転勤するケースがみられます。それから近年増えているのがIT関連。マレーシアでは国を挙げてITのインフラ整備の充実に取り組んでおり、関連ビジネスの市場規模も急拡大しています。日本企業も積極的に進出している状況です。今後のポイントとしてはアプリケーションなどソフト部門の企業の進出の加速化が予想されていることです。マレーシアをはじめとした東南アジアへの進出に積極的な企業を規模の大小を問わず探してみるとよいでしょう。

安定した需要があるのが観光・レジャー関連。日本からマレーシアを訪れる人が増加していますが、それ以上に増えているのがマレーシアから日本に訪れるケースです。旅行会社などがマレーシアに拠点を設け、観光ビジネスを積極展開している状況です。ツアーの企画運営だけでなく、通訳やガイドなどさまざまな職種で現地に転勤するケースが見られています。このように、今後日本企業の進出がますます積極的になっていくことで、転勤がある企業や業界が増えていくでしょう。まずは自分がやりがいを持てる仕事、職種から企業探しをはじめてみてはいかがでしょうか。

マレーシア勤務の日系企業求人に強い人材紹介サービス © 2015