アジアを相手にする営業やマーケティングで勤務

営業職で働いている人は今後世界を相手に自分の可能性を追求していく必要があるといわれています。経済のグローバル化、日系企業の積極的な海外進出から、海外を相手に商品・サービスを売る必要性が年々増大しているのです。とくに東南アジアは今後もっとも成長が期待できるエリア。そしてその中心になるといわれているのがマレーシアです。

ではマレーシアでこの分野の求人を探す場合、どのような業界からチャンスを見つけることができるのでしょうか。まず製造業。日本の製造業の国際競争力が低下しているとの声もありますが、実際には安価で性能のよい日本製の製品は東南アジアで高い人気を得ています。むしろ東南アジアが今後この分野のおもな進出先になるという意見もあります。それから自動車業界。工場の進出が目立っていますが、これから市場としての魅力も高まっていくため、「作る」だけでなく「売る」スタッフも求められるようになります。それから侮れないのがコンテンツ業界。とくにデジタルコンテンツの進出が相次いでおり、この国のネットのインフラ環境の整備が進むにつれてこの分野の市場規模の拡大が予想されています。

給料・待遇に関してはまずビジネスレベルの英会話能力が必須であることを忘れないようにしましょう。職種からしてしっかりと英語で意思疎通とセールスができることが大前提です。給料に関しては経験・能力に応じて決定されるため一概にはいえませんが、日系企業なら400万~600万円とそれなりの水準です。有給休暇や健康保険などの待遇面も整えられたところも多いようです。

マレーシア勤務の日系企業求人に強い人材紹介サービス © 2015