マレーシア勤務は人気の求人です

ninkiriyu様々な目的やメリットを感じてマレーシアでの勤務を希望する方が多い様子です。

●メリットはなんといっても給与形態

日本の企業に所属する社員という立場なので、日本で支払われる賃金を基準にしています。

一般にマレーシアの平均労働賃金の約5倍くらいになります。

現地の物価は日本の約1/3ですので、駐在員として働けば生活水準の高い生活を送ることができます。(現地採用でも十分な生活はできますが)

大手総合商社の場合だと年俸で1500万円以上が一般的ですし、家電メーカーでも月給が50万円以上は珍しくありません。

 
●福利厚生でも有利
yuurini
福利厚生の面でも当然ですが、日本で勤務する社員と同じ扱いになります。厚生年金、社会保険、雇用保険、労災が保証されるので安心して生活できます。

そんな中で語学力を活かしたい方、キャリアを積む事を目的としている方、など様々です。

 

マレーシア勤務の日系企業求人に強い人材紹介サービス

マレーシア勤務という事ですので日本の会社から求人が出ています。転職活動も国内で行えば良く、人材紹介サービスを使った転職活動を行います。

どんな人材紹介サービスを使えばよいか?これは海外進出の多い大手企業からの求人情報を掲載、扱っていて紹介してもらえる専門のサービスを使うことでグッと近づきます。

①リクルートエージェント

②JACリクルートメント

この2つはお勧めです。①のほうはリクルートが展開するサービスの1つで「グローバル日系企業」と繋いでくれるサービスです。

②のほうはマレーシアにも拠点があり現地の情報を仕入れるのにも使えます。現地人むけの求人が多めですが駐在員の求人も見込めます。

他にも人材紹介サービスはありますが、マレーシア勤務の求人を探す場合は上記2つを駆使すれば十分でしょう。

 

やはり製造業多し、今後は小売サービス、ITも

seizou
マレーシアに進出する日本企業は増加傾向にあり、求職者に対して求人数が不足している面もあります。

マレーシア勤務の求人が出てる可能性が多い業界の代表は製造業です。

日本から現地に進出している企業の多くが製造業であるため、求人枠も多いと考えられます。

また、小売業界の進出も活発に行われています。

特にコンドミニアムの階下に開店するコンビニエンスストアが増えているので、マレーシア進出を成功させるために駐在員の存在は不可欠と考えられます。

発展途上のIT業界でもマレーシア勤務の求人が増加しています。

 
pc-work

必要とされている具体的な職種は、製造業界なら一般社員として製造ラインで働くのではなく、技術指導者の立場で赴任するエンジニアが多いです。

マレーシアで勤務するにはエンジニアとしてキャリアを積むのが近道となります。

小売業界からの求人も今後は増えると予測されますが、経営戦略、マネジメント、営業に精通した経験豊富な人材が必要とされています。

もうひとつ、IT業界ではサーバー管理、セキュリテイなど複数の部門にエンジニアの需要があります。

国全体がIT化を推し進めている事、企業の進出に伴うインフラの整備、小売業などECサイトの開設が顕著です。

 

よく見られる募集の条件のこと

募集要件で最も重要視されるのは語学力です。

マレーシアには複数の民族が混在しています。公用語はマレー語ですが、共用語は英語です。

少なくとも英語はビジネスで折衝が出来る実力が必要とされています。

TOEICのスコアでは800点以上あることが望ましいです。TOEICは世界中で利用されているテストなので、英語の実力を客観的に判断する手段として多くの日系企業で利用されています。

そして、マレーシアの国民の割合がマレー人の次に中国人が多く、現地採用の従業員とのコミニュケーションの手段として中国語が話せると有利です。

その他、特に製造業における技術指導、工場管理などにおいては専門知識や実務経験が重要となります。

日本に居ながらマレーシアと関われる魅力ある求人とは

マレーシアで働かなくてもこの国と深くかかわることができる仕事があります。短期間現地に赴いて勤務する職場もあります。ではこうした形でマレーシアと関わりことができる求人・仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

やはりもっとも多いのが製造業。現地に工場などの生産拠点を設けている企業が電機・機械などを中心に多く見つけられます。こうした企業なら現地との交渉を行ったり、直接現地に赴いて事業計画を練るなどの仕事がありますし、工場管理や現場責任者として赴任するケースも見られます。

それから商社や貿易・物流関連の仕事。生産拠点としてだけでなく市場としての魅力を増しているマレーシア。現地の企業との取引のために赴く機会も増えていますし、マレーシア企業のスタッフを日本に招いて商談をするケースも増えています。

他には旅行・観光業も忘れてはならないでしょう。現地で働くだけでなく、国内でツアーの計画を練ったり、日本を訪れるマレーシア人観光客を案内する仕事が増えていす。とくにここ数年の間に、この国をはじめとする東南アジア諸国からの観光客が増加しているだけに、今後有望な分野といえるでしょう。旅行会社での勤務はもちろん、通訳などの仕事も選択肢となるでしょう。

他にはファッション・フード関連。どちらも東南アジアを有望な市場と判断し日本企業の進出が積極的に進められています。現地法人や店舗の準備や運営、あるいは商品企画などでこの国と関わる機会が得られます。他にも今後IT関連やアプリケーション事業においてもマレーシアと関わる機会が増えていくはずです。

様々な求人情報を知るためにこちらのページもご覧ください≫マレーシア求人:マレーシアで働くなら

マレーシア勤務の日系企業求人に強い人材紹介サービス © 2015